入会について

一般社団法人 日本鍼灸療術医学会について

本会の活動内容
日本鍼灸療術医学会のご紹介
当医学会は、2010年史上初となる民間療法を代表する「鍼、マッサージ、整体」の3群による公式な術後効果比較テスト(RCT)を行い、今まで実証されていなかったこれら民間療法の医学的効果を国際医学論文として発表しました。

この臨床研究によって、整体・療術においては、ようやく一つの科学的根拠(エビデンス)を示すことができたと同時に、2012年、療術=RYOJUTSU・整体=SEITAIというWordが医学用語として、初めて世界に認知されました。手技療法の医学的効果を示す可能性が大きく広がったのです。
この国際医学論文は代替医療の世界的権威であるE-CAMに採用され、現在でもアメリカ合衆国国立医学図書館に保管されています。

このことから、日本鍼灸療術医学会は施術家、セラピスト、エステティシャンの自主的な社会的地位向上と独立性を推進しています。その活動は、「伝説の療術師からセラピストたちへ」がアールズ出版によって出版され、全国の書店で販売されました。また全国統一「基礎医学検定」というセラピスト必須の学術基準はFM放送や新聞などでも掲載され、ますます基礎医学知識の需要性が高まっています!
日本鍼灸療術医学会はこの民間療法業界においての歴史的快挙を成し遂げたことにより、様々な活動を行うとともに、代替療法、民間療法のエビデンスを追求するための研究を行っています。

代替医療や民間療法の効果を客観的数値で示すことにより、この業界全体の可能性を広げ、各種セラピーに従事するセラピスト、並びにクライアントの大いなる利益につながる活動を開始致しました。水素エネルギー療法の普及にも力を入れています。

2012年に一般社団法人化。「代替医療に関するヒト実験倫理審査委員会」IRB番号12000042(設立者 立花 和宏)を組織し、代替医療臨床研究の窓口として厚生労働省臨床研究倫理審査委員会に登録されております。

———————————————–

民間のセラピストの皆様へ 

全国統一「基礎・臨床医学検定」及び講習会の必要性について
-現代に必要な教養 –

あなたは、身体のことをどれほど知っていますか?
本来、人の身体に介入する行為は、脳血流量、呼吸、血圧など、全身に少なからず影響を与えます。民間療法の目的は心身のバランスを整えることであり、その行為には、多大な責任が生まれます。
簡単に取得出来るスクール認可の資格では修得出来なかった「基礎・臨床医学」という、国家資格レベルの詳細なヒトの解剖学、生理学、病理、総論、各論等を当医学会の「全国統一 基礎・臨床医学検定」講習会で講義教しています。自分の知識が向上することによって、人の身体に介入する意識のレベルが変わります。つまり、術者として、クライアントに対する意識が変わるのです。それは、他との差別化にも大きく貢献するでしょう。そして何より、あなたのクライアントを幸せに導くことになるのです。それが「Therapist Revolution」です!
また、この基礎・臨床医学検定講習を受講し、修得することにより、国家資格者と同じ共通言語で交流することが出来るようになります。その第一歩を踏む出すことができる素晴らしい場所が、ここにあります。
今こそ、共に力を携えて、向上して行こうではありませんか!
-最前線の治療家、国家資格をお持ちの方々へ
多剤投与など、現代医学の抱えている闇は深く、多くの患者さんたちが、困惑しているのが現状です。
そこで、私たち資格者も、その垣根を越え、患者さんのために、いろいろな代替医療業種と広く交流する時期が来たのではないでしょうか。今までの各種学会とは異なり、当医学会に垣根はありません。リラクゼーション系やヒーリング系、アロマなど、多種多様な治療家たちが集っています。

————————————————–
日本鍼灸療術医学会というフィールド

どのようなアプローチであれ、人間という存在に対して、それぞれの立場で、人を対象として、日々、自己の研鑽、向上を目指し、仕事をしている人達がいます。私たちの団体は医師、コメディカルは勿論、様々な治療家、セラピスト、ヒーラー、介護、福祉など人間を相手に真摯に仕事をしている人達にとってお互いの情報を交換し、研鑽し合い、助け合う、共通の場が必要なのではないかという強い思いによって誕生しました。
本会は、これまでの業界団体の枠組みを超えて、お互いを認め合った上で、長所短所を考え、会員全体がチームとなってより良い医療、適切な手段をクライアントに提供し、次世代の医療を構築することを目的としています。臨床の場において、孤軍奮闘している治療家やセラピストにとっては、問題を共有できる仲間のような団体です。
治療だけでなく、経営上の悩みなどにも対応出来る会員も居りますので、何なりとご相談ください。
あなたの隣りにある「憩いの場」として存在するのがこの医学会です。
この医学会の輪を、広めて行きましょう!
※ 当医学会では、療術(整体、カイロプラクティック、ヨガ、トレーナー、アーユルヴェーダ、タイ古式、アロマテラピー、サプリメントアドバイザー、リンパトリートメント、エステ、心理療法等)の施術を行うものを総称して「セラピスト」と定義しています。

入会資格

すべての代替医療者、民間療法者。この医学会の趣旨に賛同するセラピスト、一般の方。
当医学会は、代替医療に携わるすべてのセラピスト(医師、歯科医師、鍼灸、整体、マッサージ、カイロプラクティック、アーユルヴェーダ、音楽療法、リンパ、アロマテラピー、理学療法師、サプリメントアドバイザー、フェイシャル、エステ、足裏リフレクソロジー、気功、ヨガ、ヒーリング等を行う方、もしくは学生)によって構成されます。

誇り高く、栄光ある当医学会に、是非加入して下さい。

入会費用
・「会員」は初年度のみ、登録手数料+会員証発行代を合わせて2万円、年会費1万5千円、合計3万5千円。2年目からは年会費のみで継続できます。
また、当医学会の団体保険(賠償責任保険)に加入できます。手技療法、鍼灸、エステ、アロマテラピー等、あらゆる施術に対応いたします。団体保険加入希望者は、入会申込書の加入するに✔︎をお願いいたします。別途お手続きのご案内をいたします。(国家資格者の賠償責任保険料は年間13000円、民間資格者は18000円です。)
 


左の白い額はノーマルの会員証、中・右はスペシャルバージョンの会員証です。スペシャルバージョンをご希望の方は別途お見積りいたします。
 
講習会
一般社団法人日本鍼灸療術医学会は特別な場合を除き、基本的に講習会は自由参加です。しかし、興味のある講習は是非参加してください。民間資格者を対象にした国内唯一となる国家資格レベルの基礎・臨床医学講習も充実しています。

>>入会についてのお問い合わせはこちら
>>日本鍼灸療術医学会<入会申込書ダウンロード>はこちら
>>入会案内・会員規定.pdf

一般社団法人日本鍼灸療術医学会
〒145-0071 東京都大田区田園調布2-45-8
電話:03-3721-1102/FAX 03-3721-0202

『卓上のぼり旗』販売中!

かわいい『卓上のぼり旗』ができました。
当医学会のシンボルロゴでデザインした卓上に置ける特製のぼり旗を制作しました。貴方の施術院、サロン、ご自宅の机の上にいかがでしょうか。
¥2,000 でお譲り致しますので事務局までお申し込みください。

 

>>『卓上のぼり旗』のお申し込みはこちら

TOPNEWS医学会情報入会について各種施術院の紹介基礎・臨床医学検定について日本鍼灸療術医学院FB・blogお問い合わせ

 
 


〒145-0071
東京都大田区田園調布2-45-8
mail:nihon-tramed@nifty.com
電話:03-3721-1102/FAX 03-3721-0202